辻堂生まれの脇れい子。
当事者の視点を第一に考えた藤沢のまちづくりをめざします。
2019年春の統一自治体選挙で、神奈川県議会に挑戦します!
ホームページはこちらです。→http://wakireiko.jp/

こども文教常任委員会

8日はこども文教常任委員会でした。

陳情は3件、「学校等給食の食材及び食品の放射能測定に万全を期することについての陳情」「市が所有する食品の放射能測定器の学校給食等への利用についての陳情」「藤沢市内の学校等における放射線測定についての陳情」 
すべて賛成少数により、不了承となりました。

報告は4件
(1)平成24年度藤沢市教科用図書の採択結果について
(2)市民との協働による公民館の運営について
(3)藤沢市学習文化センターの今後について
(4)NPO法人による辻堂市民図書館の運営について

(1)の教科書採択については、学校調査票で一番評価の低い教科がいくつか採択されていることが、藤沢市の採択方針に則っていないのでは、ということ、教育長が歴史、公民の教科で棄権をしたのはなぜか、について質問をしましたが、教育指導課は、教育委員の自らの判断と責任で採択をし、学校調査票はあくまでも参考資料として、教育委員にお渡しをしているものです。との回答でした。教育長は、席を立って会場から出たわけではないので、棄権ではないし、委員会で「議論が尽くされた教科書が採択されることがのぞましい」と発言をしている、と答えました。採択をした7月28日の教育委員会の後の記者会見の時と同じコメントでした。教育長のことは別として、今の採択制度では、教育指導課もこの答弁しかできないと思います。

(2)は、直営だった公民館が今年度より市民センターに併設するすべての公民館が、公民館運営委員会に業務委託されました。公民館運営委員は、市の職員OBが多く雇われ、これまでの社会教育指導員、体育に携わる指導員がメンバーとなっている公民館がほとんどです。「市民主体による運営」とは名ばかりで、市がつくった運営団体です。
業務委託では市の職員が、委託先の団体の職員に直接仕事の指示は出せませんが、実際問題業務に支障をきたすといけないので、市の職員が直接仕事の指示を出さざるを得ない状況になっています。それでは偽装請負ではないのか、と質問をしました。市の生涯学習課は、仕様書でのマニュアル化と公民館長(センター長が兼務)が団体の代表を通して指示を出すことになっている、と答弁されました。
公民館まつりなどは業務委託では無理で、これまでの直営でなければやっていかれないと思います。

(3)学習文化センターは現在場所では10年間の暫定使用となっていたそうです。今年度でその期間が満了となり、取り壊して多目的広場に整備をするということです。
10年前に利用団体に10年間の期限付きの使用だと説明をしてあったのか、ということと、この10年間に学習文化センターをどのようにするのか、話し合いなどをしてきたのかを質問しました。生涯学習課は、10年前に利用団体に説明をした、と言いましたが、私も仲間入りしている利用団体は、「10年間の期限付きなどの説明は聞いていなかった」と言っていますし、「来年度の予算の話がもうあってもいいころなのに、なぜないのだろうと思っていた」と言っています。
10年間に、市はきちんと利用団体にていねいな説明をしておくべきだったと思いますし、今後についても利用団体を交えて協議をするこが市民との協働だと思います。

藤沢市役所 バーベキュー事件

すでに新聞、テレビで報道されましたが、あまりに低レベルで、まったく開いた口がふさがりません。

感知器を外すなど、言語道断。それにしても、建物内で炭火を使ったバーベキューをやることなど、それはおかしい、と思った職員はいたはず。やめましょう、と市長や副市長に誰も言えない環境が、どうやら藤沢市にはあるようだ。風通しの悪ーい環境が。

神奈川新聞の昨日の記事で、海老根市長は「今後このようなことがないように新井副市長を通じて担当部長(経営企画部長、財務部長)に注意した」とコメントした。と書かれている。
おかしい!市長もこのバーベキューに参加して「チャーメン」を作っていたのでしょう。まず、長として、自らが謝罪するべきこと。

「消防法違反」、ルールも守れない人が、子どもたちの目を見て話ができますか?

9月定例会

9月1日より藤沢市議会定例会が始まりました。6日は建設経済常任委員会、陳情はなく、本会議で付託された議案についての質疑討論、村岡地区のまちづくりの取り組みについての報告がありました。

私が所属するこども文教常任委員会は、9月8日(木)9時30分からです。陳情は3件出ています。本会議で付託された議案はありません。報告案件は4件あります。
 (1)平成24年度使用藤沢市教科用図書の採択結果について
 (2)市民との協働による公民館の運営について
 (3)藤沢市学習文化センターの今後について
 (4)NPO法人による辻堂市民図書館の運営について
です。

今回一般質問する議員は23人。私も一般質問をします。通告順で行います。私は23人中の2番目。9月14日(水)の予定です。

視察  岩国へ

8月10日~11日、厚木基地爆音防止期成同盟の議員団として、岩国に視察に行ってきました。
「厚木爆同」の推薦を得ている厚木基地周辺自治体議員(大和市・相模原市・海老名市・綾瀬市・町田市・藤沢市)6名で行ってきました。(藤沢の高橋八一議員もメンバーですが、10日は藤沢市議会では百条特別委員会の第2回目、高橋議員は委員長のため、日程が重なり、参加できませんでした。)
私も百条委員会を午前中傍聴し、午後岩国に向かい、合流、残念ながら、岩国市への行政視察には間に合わず、資料だけをいただきました。

11日岩国基地視察。中国四国防衛局による説明を受けました。
滑走路沖合移設工事については、滑走路が石油コンビナート(特別防災区域)の西にあり、危険と騒音の理由から、旧滑走路より1000m南に埋め立てをし移設、新滑走路が昨年3月完成、昨年5月29日より運行が開始されている。残念ながら、米軍の許可が下りず、写真撮影はもとより、滑走路を見ることもできませんでした。岩国基地は99.6%を米軍が管理し、0.4%を海上自衛隊が管理しているそうだ。(ちなみに厚木基地は、自衛隊主体で管理、米軍が共同使用している。)
米軍再編についての質問に対しては「厚木から艦載機が来てから、岩国の自衛隊が動くことになる」というだけで、まだ何もわからないという回答だけでした。

その後「愛宕山を守る会」の人たちが昨年の8月21日から座り込みを開始し(毎月1日11日21日の3回)丁度1年になるということで、連帯と激励に愛宕山に向かいました。
愛宕山はなだらかな山だったわけですが、その山を切り崩し、土砂を新滑走路の埋め立て用に海に運び、削った後にニュータウンを作る計画になっていました。しかし事業の見通しが立たず、市と県が国に売却をし、国はそこに米軍住宅を建設すると打ち出してきたわけです。愛宕山開発跡地を米軍住宅に転用することに、絶対反対の立場で、月3回座り込みを続けているのです。
DSCN0701

DSCN0702DSCN0704

藤沢市 51年ぶりに普通交付税 交付団体に

新聞記事にも出ましたが、藤沢市が1960年(昭和35年)以来51年ぶりに普通交付税 交付団体となりました。
2011年(平成23年)度の財政力指数が、0.995と1を下回り、普通交付税額は289,532,000円となるそうです。

今回交付団体になった主な原因としては、藤沢市の財政課は、 
(1)基準財政収入額が前年度比2.6%増に対し、基準財政需要額が5.2%の増となったこと
(2)基準財政需要額の増は、主に国による算定方法の見直しにより、臨時財政対策債振替相当額が減少したこと
(前年度の43億円から25億円へ18億円減)

とし、あくまで国の算定方法の見直しにより、基準財政需要額が大きく増加したことが原因であり、藤沢市の財政状況の健全性が損なわれたことを意味するものではないとしています。それだけでしょうか?ムダ使いも多いと思いますが。

明日8月10日、市土地開発公社が、1億850万円で善行の土地を不自然な経緯で取得した問題の真解明に向けて設置された百条委員会の第2回目が開かれ、8人の証人が出頭されます。
9時30分より、議会本会議場です。ぜひ傍聴を。

藤沢市教育委員会 教科書採択

本日、藤沢市教育委員会で教科書採択が行われました。
80名の傍聴席が用意されていましたが、希望者は100名を超えての抽選。私は残念ながら傍聴はできず、社会科の採択が終わるまで、会場の外で待ちました。

社会科の歴史・公民とも採択された教科書は、私たちの願いに反し、育鵬社版した。
3人の教育委員が育鵬社の教科書を支持をし、1人は反対、教育長は自らの意見を述べず、育鵬社支持が多いということで決定された、と傍聴した方々から聞きました。

審議会での意見も反映されず、教科書採択は教育委員の意見のみで決まってしまいました。
2年前の横浜市と同じように。

善行地区における地域コミュニティ活動事業用地取得に関する調査特別委員会

7月27日(水)いわゆる100条委員会の第1回目が開催されました。
善行地区の地域コミュニティ活動用地の土地取得にともなう事実関係を、地方自治法第100条に基づき解明するものです。
冒頭で委員長、副委員長の選出が行われました。
委員長は委員の互選で、高橋八一氏
副委員長は委員長指名で佐賀和樹氏に決定。

調査事項については、
 2009年(平成21年)12月の藤沢市議会定例会の総務常任委員会の資料をもとに、
 以下の4つの時期に分け
  1期 市長陳情までの2008年7月初旬、中旬を中心とした時期
  2期 9月18日市長陳情が出されたとされる時期
  3期 市長陳情後の経過として、経済部が市民農園として土地を
      購入しないと決定し、陳情が市民自治部に渡ったころまで
  4期 市民自治部が、善行地区でコミュニティづくりのため、様々な
      活動をする場が必要であることや、地区内の市民が様々な
      地域活動に参加できる環境を整える必要があること、また、
      当該土地が善行駅に近く、ほぼ中心地にあることなどの考え
      方を示し、当該用地の周辺一体整備を市長は判断し、
      土地取得を決定、2009年1月7日、土地開発公社が売買契約
      を締結するまで。
 順次審査をしていくこととしました。

記録等の提出については、
  *2009年(平成21年)10月5日開催の総務常任委員会から、
       2010年(平成22年)5月10日開催の連合審査会までで
       審議した際の市側の資料すべて
  *これまで黒塗りで出ていた部分で、時間等の変更により
       黒塗りがはずせるものはすべてはずして
  *2010年(平成21年)2月3日付、藤沢市監査委員会公表第9号
  *2009年(平成21年)総務常任委員会に提出された資料で、
       日時や氏名があいまいな部分をあきらかにした資料
  *本会議、委員会等での質疑の議事録
 を8月3日までに提出を求めました。

次回の特別委員会での証人の出頭については、8名を決定しました。
  *松本匡章氏(前土地所有者)
  *矢島豊海氏(前藤沢市議会議員)
  *中山一之氏(当時の善行市民センター 主幹)
  *奈良文彦氏(当時の財政課 課長補佐)
  *新井信行氏(藤沢市副市長)
  *中島渉二氏(当時の藤沢市土地開発公社参事・用地補償課長)
  *谷地勉氏(藤沢市土地開発公社 用地課長)
  *小林千秋氏(有限会社横浜総合コンサルティング)

次回の特別委員会は8月10日(水)9時30分から 
本会議場で開催されます。
いよいよ本格的な審議が始まります。
  次々回は8月24日(水)の予定





6月定例会 全日程終了

6月23日、6月藤沢市議会定例会が終わりました。
私にとって初議会で100条委員会の設置が全会一致で可決されました。

最終日、議員定数削条を求めて条例の一部改正案が藤沢自民党、みんなの党ふじさわの議員から提案されました。36人の定数を32人にする、というものです。提案理由は、「近年の社会情勢にかんがみ、見直す必要がある」ということです。私たちの会派は個々の意見を尊重するということで、個人の判断でこの提案に臨みました。私はこの提案には反対。結局賛成12人、反対23人で提案は否決されました。

議員定数削減は、大きな組織を持つ人、お金がある人に有利になってしまう危惧、少数派の意見が反映されなくなる可能性も否めません。議員定数削減は、時期の改選までにじっくりときちんと議論をすべき問題だと思います。
財政の削減ということなら、人数を削減しなくても、現在の議員報酬を減らすことでも可能です。
4人削減する理由を、とりあえず1割減らす、選挙公約で2割減らすとしていたが、そこまでは難しいので1割減で、と質問に対する答弁がされましたが、減らす人数を4人と決めた根拠がわかりませんでした。

藤沢市議会の36人という定数は、全国的に見てどうなのでしょうか。
5月に行われた新人議員対象の市政説明会で、議員定数について、次のような説明がありました。
地方自治法で人口30万人から50万人の自治体の議員定数は上限46人、と定められています。この規模の自治体が全国で44自治体、そのなかで一番議員数が少ない自治体は越谷市の32人、次が枚方市の34人、次いで藤沢市など8市議会が36人だそうです。残り34自治体の議会は藤沢市より多い議員数をもっているそうです。

定員削減については、じっくり議論をするべきだと思います。ただ、いずれにしても、議会は市政のチェック機能をしっかりと果たさなければなりません。そのために議員はしっかりと自覚をもって働かなければいけないということです。

4日間の一般質問での感想などはまた後日書かせていただきます。

百条委員会設置のメドが立ちました

本日、議会運営委員会が開催され、傍聴しました。
いわゆる「善行の土地問題」(藤沢市土地開発公社が市の依頼で善行6丁目の土地を先行取得した問題)で、地方自治法100条による調査委員会(百条委)を設置する方向になりました。
今日の議会運営委員会では、特別委員会設置、委員会のメンバーを12人とすること、調査期限を2012年3月31日までとすることなどが合意されました。

4つの常任委員会は昨日までに終わりました。私が委員なっている「こども文教常任委員会」は、14日に開催されました。
今回、こどもたちを放射能被害から守るために学校や保育園、幼稚園の運動場の土壌や空気、プールの水の放射線量を測定し、公表してほしい旨の陳情がたくさん寄せられました。

 
これは市が、保護者や学校現場の教職員から、放射線量測定の多くの声が寄せられていたのにもかかわらず、対応が遅かったことの表れだと思います。私たちの会派は、今回の放射能関係の陳情7件のうち、保育園園庭、小学校校庭の除染についての陳情以外は、すべて趣旨了承としました。
陳情の趣旨をくみ取り、真摯に対応すること、情報公開は数字が独り歩きしないよう、市の考え方を明確に記し、わかりやすい表示をし、過度の不安をあおることの無いよう十分に配慮することを討論でしました。

プールの底に沈殿している汚泥の調査を市側に求めましたが、最後まで明確な答えは得られませんでした。

来週は本会議です。一般質問が始まります。
21名が一般質問をしますが、防災強化、津波対策、放射能被害、計画停電、災害時要援護者の支援など、予想通り、一般質問の要旨はかなりだぶっています。


プロフィール

wakireiko

記事検索
livedoor 天気
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ