10月26日 厚木基地爆音防止期成同盟(略称:爆同)=爆音の無い当たり前の生活、静かな空を取り戻すためつくった住民運動団体=の結成50周年記念式典と祝賀会に来賓として出席した。祝賀会といっても50年おめでとう、というわけではない。よくぞここまで運動を続けてこられた!これからも爆音がなくなるまで、頑張ろう!の意がこめられていると思う。

私の所属するI(アイ)女性会議神奈川県本部と爆同の方々とは、平和問題を通じて、ともに運動をしている。いろいろと教えていただくことも多い。
式典で、50年も爆音との闘いが続くとは思ってもいなかった、と代表の藤田さんはあいさつをされた。

50周年式典より前後するが、10月20日、第四次厚木爆音訴訟の第14回口頭弁論が横浜地裁で開かれ、傍聴をしてきた。私も今回、住まいが騒音のコンター線の中になったため、原告団に名を連ねている。

病気療養中の神保さんと、全厚木爆同書記長の浜崎さんが本人尋問に立たれた。90才を超える浜崎さんは、尋問中着席を促されても、ずっと立ったまま、1時間以上、毅然とされていた。

厚木爆音訴訟の第一次から第三次までの裁判で、基地の爆音は違法状態であるとの判決がでている。また、7月29日には普天間基地の爆音に関する最高裁判決が出されたが、そこでも爆音は違法状態と認定された。そして、この爆音の根源は政治責任において解決するべきだとの判決が出されている。爆音状態でありながら、何の対策も講じない政府に基地周辺の人たちはみな憤っている。米軍基地が沖縄本島の20%近く占めている沖縄、県知事選も近い。