2011年05月

辻堂生まれの脇れい子。
当事者の視点を第一に考えた藤沢のまちづくりをめざします。
2019年春の統一自治体選挙で、神奈川県議会に挑戦します!
ホームページはこちらです。→http://wakireiko.jp/

市政説明会 2日目

5月20日の金曜日から、新人と元議員対象の市政説明会が始まりました。
今日は2日目。
財政部・市民自治部・保健福祉部・こども青少年部・環境部の各部長より説明を受けました。

 藤沢市は普通交付税 不交付団体です。
     (財政力指数が1を切ると、交付団体となる)
  藤沢市の財政力指数は 1.146  全国 786市中 38位
  藤沢市の自主財源比率は     全国 786市中 34位だそうです。

 神奈川県内の不交付団体は、川崎市・鎌倉市・厚木市・海老名市 そして藤沢市の5市です。

 保育園の待機児童数(潜在的)
   2008年(平成20年)4月  336人
   2009年(平成21年)4月  402人
   2010年(平成22年)4月  726人
   2011年(平成23年)4月  748人
 2011年4月に保育所新設、増設で定員が472人増えたにもかかわらず、
 潜在的待機児童数は増えています。





 

5月19日 臨時会 開催

各派交渉会で議長人事が難航し、今日の臨時会で選挙によって議長を決めました。
投票により、自由松風会の渡辺光雄議員が議長に選出されました。

13時50分に始まった臨時会では、議長選挙のほか副議長、議席の指定、常任委員会委員、議会運営委員会委員、特別委員会委員、議会報編集委員会委員の選任が行われ、

 私は議席番号10番、こども文教常任委員、
    藤沢都心部再生・公共施設整備特別委員、
    議会報編集委員になりました。

その後、監査委員に松長泰幸議員と三野由美子議員が選任されました。

また5つの専決処分の提案があり、共産党は第3の議案に対しては反対を表明しましたが、
私たちの会派は賛成をし、午後7時20分に臨時会が閉会となりました。

加藤なを子議員の質問によってわかったことですが、
 藤沢市民病院で分娩にかかわる費用(正常分娩)は、392,431円
 市内のほかの病院での同じ費用の最高額は、712,160円 だそうです。
 これに対し、国の出産育児一時金は 420,000円です。

各派交渉会2日目

13日の金曜日(私のbirthday)から始まった各派交渉会は、今日が2日目。
藤沢市は3日間の各派交渉会が行われ、正副議長や常任委員会・特別委員会の役職、委員の選出が行われます。
私の所属する会派は、「民主・社民ネット」9人で構成されています。
各派交渉会には先輩議員3人が委員として交渉にあたり、残るメンバーは控室でこの3日間は待機です。
 
総務常任委員会以外の名称が変更になります。
民生常任委員会は 厚生環境常任委員会に
建設常任委員会は 建設経済常任委員会に
文教常任委員会は こども文教常任委員会へと変更をされる予定です。
今日は、特別委員会の名称と目的の変更についても話し合いが持たれました。

正副議長、監査委員 などすべての役職選出が明日の最終日に話し合われます。
時間がかかることも予想されますね。


プロフィール

wakireiko

記事検索
livedoor 天気
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ