2012年03月

辻堂生まれの脇れい子。
当事者の視点を第一に考えた藤沢のまちづくりをめざします。
2019年春の統一自治体選挙で、神奈川県議会に挑戦します!
ホームページはこちらです。→http://wakireiko.jp/

被災地のがれき受入れについて 藤沢市の考え方

代表質問、予算等特別委員会での質疑で藤沢市の被災地のがれきの受け入れについての考え方が出されました。

被災地の支援並びに被災地における生活の早急な回復を図るためにもがれき処理への協力は必要なこととしています。
藤沢市の災害廃棄物の処理可能量は年間2,840トン、放射性物質を含むと想定されるがれきの処理に関しては以下の
7つの課題があるとしています。


1.災害廃棄物の処理に際しては、各市単独で対応するのではなく、県が中心となり県下自治体による広域的相互協力体制で臨む必要があること。


2.災害廃棄物の受け入れに際しては、放射性物質濃度が正確かつ確実に測定できる体制の整備が必要であること。


3.本市における災害廃棄物の処理にあたっては、処理施設における排気ガス等の放射性物質濃度が正確かつ確実に測定できる体制の整備は必要であること。


4.国は放射性物質として取り扱う必要のないものとして、クリアランスレベルを1キログラムあたり100ベクレル以下としておりますが、焼却灰については1キログラムあたり8,000ベクレル以下であれば埋立処分できるとし、また一方では、処理施設で発生する排気ガス等についてはクリアランスレベルが設定されていないなど、放射性物質を含む恐れのある災害廃棄物の処理に関する安全基準が明確でないこと。


5.神奈川県は災害廃棄物処理で発生した焼却灰等について、県芦名最終処分場での処分を協議しておりますが、現状、受け入れができる目処が立っていないこと。


6.受け入れた災害対策廃棄物の処理等にかかる経費負担について明確になっていないこと。


7.焼却炉に悪影響を及ぼす塩分除去方法や廃棄物の分別方法、施設に損害が発生した場合など、具体的な対応方法が不透明であること。

藤沢市としては、これら課題が解消される見通しが立った段階で、市民の皆様の意見を伺いながら検討していくとの答弁がありました。




3月27日 予算等特別委員会終了

3月19日から始まった予算等特別委員会が今日ですべて終了しました。この委員会での審議は、2012年度予算の骨格予算であり、鈴木新市長のもとで行われる事業などは6月・9月の補正予算で審議となります。
それでも連日、細部までの質問もあり、審議に時間がかかり、夜遅くになった日もありました。ただ予算審議というより、決算審議のような質問もあり、私自身初めての経験でしたが、反省すべき点もありました。
民主・社民は予算特別委員会に付託されたすべての議題に賛成をしました。共産党はすべての議題に反対。他の予算委員をだしているすべての会派はみな賛成をしました。
予算委員になるとさまざまな事業について、勉強になり、また一般質問で追及をしていく課題もいくつかみつかりました。明日の本会議で2月定例会が終わります。

卒業を一緒にお祝いして

3月15日は白浜養護学校、小・中学部の卒業式、16日は高砂小学校の卒業式に参加させていただき、一緒に卒業をお祝いしました。

どの卒業式も感動的でした。私自身の子お育て中はかなり過酷な状況もあり、卒業式で感動の涙を流す余裕もなかったのかもしれません。

高砂小学校は、私の母校であり、二人の子どもの母校でもあります。
私は1年生の時に高砂小学校ができ、9月に辻堂小学校からみなで歩いて(行進をして)、新しい高砂小学校の門をくぐりました。
また上の子どもが5年生、下の子どもが2年生の時、現在の高砂小学校の校舎になりました。

校舎改築のとき(1995年)、旧校舎の思い出写真集の編集委員になり、先生や高砂の卒業生でもある保護者と一緒に「海とみどりと太陽と」を作りました。

久しぶりの校舎、オープンスペースが健在でした。

19日から27日まで予算特別委員会が開かれます。予算委員になりましたので、しっかり勉強し、いろいろと質問をしたいと思います。

原発からの撤退を求める意見書の提出を求めることについての請願が本会議で採択されました

3月14日、本会議3日目、「原発からの撤退を求める意見書の提出を求めることについての請願」が本会議で採択されました。
この請願は、藤沢エコネットが出されたもので、私も紹介議員に名を連ねています。請願項目は
1.貴市議会が、日本政府が原発からの撤退を決断し、原発に依存しない再生可能なエネルギー政策を、早急に構築する事を求める意見書を政府に提出する事を求めます。
というものです。
総務常任委員会に附託され、3月12日の総務常任委員会では、可否同数、委員長採決により不採択となったものです。
3月14日の本会議で総務常任委員長報告で、この請願は不採択となった旨の報告があり、その委員長報告に対して反対の議員が18名、ということで委員長報告が否決され、再度この請願に賛成の起立が求められ、18対16でこの請願が採択されました。

こども文教常任委員会報告

3月9日、13:30よりこども文教常任委員会が開催されました。この日の午前中は市内中学校の卒業式。私は出身校である湘洋中学校の卒業式に出席させていただきました。久しぶりに校歌をみなさんと一緒に唄ってきました。卒業生による「大地讃頌」「旅立ちの日に」の大合唱もあり、こちらの卒業式も感動的なものでした。

さて、こども文教常任委員会ですが、陳情1件と報告案件が4件。
陳情は、「子どもたちに放射線『副読本』を使用した授業の支持をやめることを求める陳情」 は趣旨不了承となりました。
報告案件の一つに「本町小学校改築事業と多目的室の公的利用について」があり、ここで私は大きく2点質問をいたしました。

1.本町小学校は公的利用多目的室を設備した複合施設として改築されたわけですが、この多目的室を設けた複合施設とした経緯を改めて確認をさせていただきたいので、
複合施設にしようという提案は誰からあったのか。
提案をふまえて検討が行われたと思うが、どのようなメンバーでどのくらい行われたのか、その中でどのような意見があったのか。              
最終的に複合施設と決定したのはいつ、誰なのか。 という3つの観点にそってお答えください。

2.藤沢公民館で利用団体を推薦していくために、近隣の団体にこの公的利用多目的室の利用団体を公募するということだが、募集要項はあるのか。また、2010年の夏にすでに、藤沢公民館で利用団体を一つ推薦しているが、その選対会議の議事録はあるのか。

市教委の回答は、1.については、趣旨の全くわからない答弁の繰り返しでした。
2.については募集要項はなく、選定会議の議事録もない、という答えでした。募集要項もなくどのように公募をするのでしょうか。公募をする予定が本当にあるのでしょうか。また、議事録はないが手書きのメモはあると再質問には答えていただいたので、そのメモは後で提出していただくことにしました。


その他、「福島第一電子力発電所の事故に伴う放射能対策について」教育委員会として取り組んできたことの報告がありました。6月、9月、12月と陳情がたくさん出たこともあり、放射線量測定や除染はかなりしっかりと行われてきています。
私は、以下の2点質問をしました。

1.学校のビオトープや、観察池の底の放射線量測定が行われていないが、心配する声が多いので、測定をして数値を公表した方が良いと思うが、測定をする予定はあるのか。
2.日光修学旅行について、空間線量の高いところがあり、保護者も心配をしているが、どのように検討をしていくのか。
 
1.については、測定をして公表をしていく。との回答がありました。
2.については、まず校長会で、実際に子どもたちが修学旅行で歩く場所を、測定をすることにしている。といういことでした。


藤沢市中学校給食検討委員会の中間報告もありました。
中間報告は、様々な立場の方を検討委員に起用し、いろいろな角度から検討がなされており、しっかりとした中間報告だと思いました。

中学校給食の導入は、学校現場の状況、カリキュラムへの影響、給食費の徴収の仕方、施設整備など、たくさんの課題があるので、今後も拙速な結論を出さず、検討委員会でじっくりと議論をしていただき、またきちんと報告をしていただきたい、ということを意見として述べさせていただきました。

白浜養護学校 高等部卒業式

今日は白浜養護学校・高等部の第14回卒業式が行われました。
13名の卒業生は、校長先生から卒業証書を手渡され、保護者、在校生、先生からたくさんの拍手で祝福を受けました。校歌斉唱では在校生が元気に指揮をとり、卒業生も在校生も大きな声での合唱でした。卒業生紹介では、映像により子どもの頃の写真から、学校生活までをナレーションとともに紹介、心温まるすばらしい卒業式でした。
自分の子どもの卒業式では、ほとんど涙も出なかったのですが、今日は思わず涙腺が緩んでしまいました。
地域が、社会が障がいのある人を理解し、あたたかく見守り、受け入れ、ともに生きる社会をしっかりとつくっていかなければならないことを改めて思いました。
卒業おめでとう!

記事タイトル百条委員会 当該土地を視察

3月1日、「善行地区における地域コミュニティ活動事業用地取得に関する調査特別委員会」いわゆる百条委員会が開かれ、善行6丁目の当該土地の視察を行いました。担当各課も立ち会い、説明を受けました。当該土地の進入路である「赤道」には、急傾斜の階段が付けられており(下の写真)、そこを昇って行かなければいかれないことが、現地に行ってよくわかりました。
DSCN0962   DSCN0975


プロフィール

wakireiko

記事検索
livedoor 天気
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ