藤沢市長選挙は、2月5日告示、2月12日投開票です。
現在立候補を表明しているのは、現市長の海老根靖典氏、神奈川県議会議員の鈴木恒夫氏、現市議会議員の三野由美子氏の3名です。

市長はまず人物だと思っています。トップとしての資質が問われると思います。きちんとトップとして責任のとれる人、また根っこに差別的な考えがあってはいけません。

市長選挙に関しては、私自身が決して譲れない部分、平和の問題、男女平等社会・多文化共生社会の実現、教育の問題などに対して、きちんと対話のできる人を選びたいと思います。このような観点から、三野氏は私たちと全く違う考え方を、これまでの議会でも示されていますので、応援することはできません。

海老根現市長については、私自身、議員になった当初より100条設置に賛成の立場でもあり、これまでのバーベキュー事件や江の島の土地取得についてなど、強引な市政を行っていること、また不祥事に対して責任をとることをせず、他に押し付けていることなど、トップとしての資質が欠けていることは明らかです。職員に対しトップダウンで、職員が意見を言えない状態にしていることなど、現在市政が健全に行われていないことは明らかで、再任を認めることはできません。

私、脇 礼子は、私たちときちんと対話をして市政に取りくんでくれる人、市民の声を聴き、健全な市政にもどす努力をし、また高齢者や社会的弱者の視点を持って市政を行ってくれることを期待し、「鈴木恒夫氏」を応援していきます。