議員有志6人で、小学校の修学旅行先の日光へ、放射線量測定に行って来ました。
測定は、中禅寺湖、華厳の滝、東照宮などの子どもたちが立ち寄りそうな所で行いました。時間の関係で限られた箇所しか測ることはできませんでしたが、藤沢市の線量から比べ、2、3倍くらいの所が多く、一番高い所では10倍近い数値でした。
側溝や道路脇のふきだまりなどは、やはり高めでした。

もちろん私たちの調査で修学旅行の行き先を決めるものではありません。
私が小学校の時から修学旅行は日光でした。この定番となっている修学旅行とは何なのか、目的などを改めて確認し、行き先の議論をする時に来ているのかもしれません。

画像1
日光小学校のグランドには、土が野積みされていました。表土をはぎ取った土をそのまま積み上げているのであれば、心配なことです。
福島第一原発事故が終息しない限り、放射能関係の悩ましい問題は続いていくのです。
画像1