124日のこのブログでご案内した映画「ちづる」上映会は、32日に多くの方のご参加、またご協力をいただき、無事に終了しました。(ブログでご報告をせず、申し訳ありませんでした)

この上映会は、私が上映実行委員会の実行委員長を務めさせていただきました。収益を障がい者の自立支援に活用させていただくことをお約束していましたので、どのように活用ができるのか、障がい福祉課の高梨参事にご相談をしておりました。参事から、6月に行われる「太陽の家福祉絵画展」への協力についてのお話があり、私どもの「ちづる上映実行委員会in藤沢」で話し合い、支援を決定いたしました。

本日、私たち実行委員会メンバー4人で太陽の家を訪問し、「太陽の家福祉絵画展実行委員会」委員長の福島すすむさん、藤沢太陽の家の所長、八十島清隆さんにお会いして、「ちづる上映実行委員会in藤沢」より、支援金をお渡ししてきました。「ちづる上映実行委員会in藤沢」は、絵画展で協賛というかたちで関わらせていただきます。

ちづる寄付2

絵画展の実施要項について、実行委員会よりいただきてきましたので、ここに載せさせていただきます。

  太陽の家福祉絵画展

  ~愛をはこぶ人マッケンジー・ソープの世界展~

  同時開催 現代人気画家秀作展

◎開催目的 

☆藤沢市における障害児・者の福祉の向上と地域生活の充実・社会参加の実現を推進する。

☆絵画展を通し、障害児・者やその保護者・家族に生きる喜びと夢をかなえるあきらめない気持ちなどを育てる情操教育の一環とする。

☆障害者施設の製品の展示即売を開催し、障がい者優先調達など、地域社会との交流を図る。

◎開催内容

 ☆ディスレクシア(読書障害)の障害当事者、マッケンジー・ソープ氏の作品展示。

 ☆障害施設の製品販売を行い、地域住民への理解、地域社会との交流ができるようにする。

 ☆法人関係事業所の障害当事者の作品展示をあわせて行い、障害があっても絵を描く素晴らしさを広く知ってもらう。

会 期 2014621日(土)~623日(月) 10001800

会 場 藤沢太陽の家体育館

主 催 太陽の家福祉絵画展実行委員会

多くの方にご来場いただき、障害への理解を深めていただきたいと思います。

障害のある人もない人も、ともに安心して暮らせる藤沢をめざして。